アイクリームで明るい印象を手に入れる~キラっと目元の魅力満開~

目を閉じている女性

明るい目元を手に入れる

鏡と化粧品

目元トラブルに注意しよう

25歳はお肌の曲がり角と言われるように、20代後半からは肌の老化がじわじわと忍び寄ってきます。皮膚の厚さが頬の3分の1しかない目の周りは老化が最も早く進みやすいですから、しっかりとアイクリームでケアしていきましょう。皮膚の厚さが薄いということはとてもデリケートだということで、潤いやハリを保つ作用も弱い部分です。そこへ乾燥や紫外線、日々の瞬きや目の酷使など、様々な刺激が加わってしまうと、しわやたるみ、クマなどの目元トラブルを抱えてしまいます。デリケートな目元に特化したアイクリームは目元トラブルを改善するのに最適ですから、スキンケアに加えてみましょう。明るく老けにくい目元になれて、見た目年齢を若く保つのにも役立ちます。

悩みに合った化粧品選び

目元専用のケアに最適なアイクリームにも、いくつかのタイプがあります。小じわやクマ、たるみなど人によって目元の悩みも違いますから、自分の悩みに合ったタイプを選ぶのが重要です。小じわにはたっぷりと保湿できて潤いとハリを与えてくれるタイプがおすすめです。しわ対策の定番であるレチノールが配合されたものだと、くっきりしたしわも少しずつ薄くなってきます。たるみケアにはふっくらとした弾力を与えてくれて、コラーゲンを増やす作用のあるものがおすすめです。そして、クマ対策には血行を良くしてくれて、目元を明るくしてくれるブライトニング効果に優れたものを選びましょう。スキンケアに早くアイクリームを取り入れた方ほど目元トラブルの改善も早くなりますから、20代からの目元ケアが効果的です。

目じりのシワの解消方法

女性

加齢や肌の乾燥によって現れる目じりのシワ、実はアイクリームを活用することで解消することができます。もちろん、効果に個人差はありますが、事前に口コミ情報をチェックしておけば、より効果の高い商品を見つけることも可能になるのです。

どのようにケアするか

妊婦

妊娠線はお腹周りが急激に大きくなることで皮下組織などが破壊されたり、ホルモンの影響によっておこる症状です。とはいえあまり恐れる必要はなく継続的にクリームを塗るなどのケアをすることによって予防したりできたとしても症状を改善させることが出来ます。

早めのエイジングケアを

鏡を見ている女性

肌のたるみが気になり始めたら、早めにアンチエイジングクリームでケアすることが大切です。アンチエイジングクリームには保湿作用だけでなくリフトアップ効果などもあります。いろいろな天然の植物由来成分を使うなど各社工夫が見られ、価格帯も広がっています。