アイクリームで明るい印象を手に入れる~キラっと目元の魅力満開~

鏡に写る女性

どのようにケアするか

妊婦

妊娠線とは妊娠中期から妊娠後期にかけてお腹が大きくなることでおなか周辺の皮膚が伸びることで発生する稲妻のようなピキピキとした線の事です。正確には皮膚は急激なお腹の大きさに対応して伸びているのですが、皮下組織の一部のコラーゲンや真皮がうまく対応できずコラーゲン組織が破壊されることで発生します。もう一つの原因として妊娠中に分泌量が増加するホルモンの影響で通常よりも肌のターンオーバー機能が衰えることも挙げられます。しかし現在ではこうした妊娠線を予防したり改善するためのクリームなどの商品がたくさん販売されています。こうした商品を利用することで症状を改善したり予防したりできます。予防、症状悪化を防ぐためにもお腹が大きくなり出したころから出産まで継続してお手入れを続けることが大切です。

妊娠線対策のクリームというのは破壊されてしまったコラーゲン組織の修復を促す成分が配合されているものが多いです。ですから、妊娠線が出来てしまったという場合には妊娠線対策専用のクリームを使用することをおすすめします。一方で妊娠線を予防するという点では専用のクリーム出なくても保湿効果のあるものなど通常のクリームを使用しても十分な予防になります。もちろん専用のクリームを使用することでより妊娠線予防の効果は期待できるといえます。大切なのはお腹が大きくなり出したころから継続的にお手入れをすることです。特に妊娠後期になりお腹が大きくなると自分では見にくい下腹部にできやすいので注意が必要です。できてしまってもケアをすることで消えたりより見えにくくなるなど改善するケースも多いので、ケアを続けることこそがとても大切です。